Loading...

オンライン家庭教師サービス誓約書及び利用規約(先生ユーザー用)

誓約書

私は、ラクモン株式会社(以下「貴社」といいます。)が運営する「楽問/Rakumon/ラクモン オンライン家庭教師サービス」(以下「本サービス」といいます。)において先生として登録するにあたり、オンライン家庭教師サービス利用規約(以下「本規約」といいます。)を遵守するとともに、とりわけ下記の点につき確認し、誓約いたします。なお、この誓約書に記載のない用語の定義は、本規約に準じます。

第1条(誓約事項)

1. 私は、本サービスの利用に際して知り得る生徒等の情報及び貴社のシステムに係る情報の重要性を認識します。私は、本サービスの登録中及び退会後も、本規約に従って、本規約に基づく業務(以下「本業務」という。)の遂行に関して取得した、生徒及びレッスン・指導に関する一切の情報(以下「生徒及びレッスン情報」といいます。)、他の先生が開示する情報及び貴社の秘密情報(本サービスに関するノウハウ、システム利用ガイドライン等の各種ガイドライン等を含む貴社のシステムに関する情報、技術上又は営業上の一切の秘密情報を含みます。以下、「生徒及びレッスン情報」とあわせて、総称して「秘密情報」といいます。)を厳に秘密として保持し、貴社の事前の書面による同意がない限り、第三者(私の家族を含みます。)に開示、提供、又は漏えいしません。なお、生徒及びレッスン情報とは、以下をいいます。
(1) 生徒のニックネーム、その他生徒から開示された情報
(2) 生徒の顔、音声、動作その他個人を特定できる全ての事項
(3) 生徒より送られた全ての画像、音声、記述等(文書、図画若しくは電磁的記録に記載され、若しくは記録され、又は音声、動作その他の方法を用いて表された一切の事項をいいます。)、その他レッスンの内容
(4) その他、レッスンに関して取得した一切の情報

2. 私は、本業務を履行する目的以外の目的で秘密情報を利用しないことを誓約します。

3. 私は、個人情報の保護に関する法律、著作権法を含む法令、国が定める指針その他の規範を遵守することを誓約します。

4. 私は、本規約に違反してレッスンの録画等をしないことを誓約し、貴社がレッスンや通信内容等を閲覧、録画、利用等することを許諾します。

5. 私は、システム利用ガイドライン、キャンセルポリシーを含む各種ガイドライン等に同意し、本規約及び各種ガイドライン等に従い、誠実にレッスンを実施することを誓約します。

6. 私は、貴社と競業関係にあるサービス等への生徒の引き抜き行為など、本規約第14条に記載の禁止事項を行わないこと、その他本規約の遵守事項等を遵守することを誓約します。

第2条(返還等)

私は、貴社から要請があった場合又は本サービスから退会した場合には、秘密情報が含まれるすべての物件(これを複写、複製したものを含みます。)を速やかに破棄するとともに、コンピュータ等に記録された情報を消去して復元不可能な状態とし、その旨を貴社に報告します。

第3条(報告・監督)

1. 貴社が秘密情報の取扱状況及び禁止事項に対する状況を調査するため、必要な範囲で、私に対し書面による報告若しくは資料提出を求めることができ、私はこれに同意します。

2. 貴社は、前項の報告・調査の結果、秘密情報の取扱状況等が不十分であると認めた場合、又は禁止事項に関する懸念が生じた場合、改善等を指示することができ、私はこれに従います。

第4条(損害賠償)

私は、自己の責めに帰すべき事由により本誓約書に違反したときは、本規約に基づき、当該違反によって貴社に生じた損害について賠償する責任を負います。

第5条(本契約の適用)

本誓約書に記載のない事項については、本規約に従います。

以 上



オンライン家庭教師サービス利用規約(先生ユーザー用)

第1章 総則

第1条 (適用)

1. この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、ラクモン株式会社(以下「当社」といいます。)が運営する「楽問/Rakumon/ラクモン オンライン家庭教師サービス」(以下「本サービス」といいます。なお、サービスの名称が変更された場合、当該変更後のサービスを含みます。)を利用するにあたり必要な条件を定めることを目的とし、第2条2号に定義するユーザーに適用されます。ユーザーは、本規約に同意の上、本サービスを利用します。

2. 本規約は、本サービスの利用条件を定めています。本サービスに登録するユーザーは、全て本規約に従い、年齢や利用環境等の条件に応じて、本規約の定める条件に従って本サービスを利用します。

3. ユーザーが本規約に同意し、ユーザー登録が完了することにより、当社との間に第2条1号に定義する本契約が成立します。

第2条 (定義)

本規約において使用する以下の用語は、以下の各号に定める意味を有します。

(1)「本契約」:本規約を契約条件として当社及びユーザーとの間で締結される、本サービスの利用契約を指します。
(2)「ユーザー」とは、先生として本サービスに登録している個人事業主のユーザー全て(未成年者である場合、第3条8項に定める法定代理人を含み、かつ当該未成年者も含みます。)を指します。
(3)「生徒」とは、生徒として本サービスに登録している全ての方(未成年者である場合、第3条8項に定める法定代理人を含み、かつ当該未成年者も含みます。)を指します。
(4)「レッスン」とは、本サービス上のウェブアプリケーション又はスマートフォンアプリケーション(ビデオ通話機能及びチャット機能等があります。)を利用して、本サービス所定の時間枠内でユーザーが生徒に対して一対一で行うオンラインの授業(本サービス所定のコースに限ります。)を指します。
(5)「ユーザー情報」とは、ユーザーが本サービスに登録又は当社に提供した本人の氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、学歴、ID及びパスワードその他本サービスに登録又は当社に提供した一切の情報(提出した書類又はデータを含み、ユーザー登録の申請時に登録又は提供した一切の情報も含みます。)を指します。
(6)「コンテンツ」とは、ユーザーが本サービスを通じてアクセスした又はアクセスすることができる一切の情報(文章、画像、動画、映像、音声、音楽その他のサウンド、イメージ、ソフトウェア、プログラム、コードその他のデータを含みますが、これらに限られません。)を指します。
(7)「開示情報」とは、ユーザーが本サービス上で入力又は送信(アップロードを含みます。)するコンテンツを指します(レッスンの内容、生徒・ユーザー間のメッセージ、通信・通話内容、本サービス上で生徒又は他のユーザーに公開等されるユーザー情報を含みます。)。
(8)「生徒にとっての開示情報」とは、生徒が本サービス上で入力又は送信(アップロードを含みます。)するコンテンツを指します(レッスンの内容、生徒・ユーザー間のメッセージ、通信・通話内容、本サービス上でユーザー、生徒又は他のユーザーに公開等される生徒に関する情報を含みます。)。
(9)「通信機器」とは、スマートフォン、タブレット端末及びコンピューター機器を指します。
(10)「知的財産権」とは、著作権、著作隣接権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)等の知的財産権その他これに準ずる権利を指します。
(11)「本サイト」とは、本サービスを利用するための本サービスに関する当社のウェブサイトを指します。
(12)「本アプリ」とは、本サービスを利用するためのウェブアプリケーション又はスマートフォンアプリケーションを指します。
(13)「受講契約」とは、本サービスを利用して生徒と当社との間で成立する、個別のレッスンの受講に係る契約を指します。
(14)「各種ガイドライン等」とは、別途当社の定める、ユーザーが本サービスを利用するにあたって遵守すべき詳細なルール(システム利用ガイドライン、キャンセルポリシー等を含みます。)を指します。
(15)「反社会的勢力」とは、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者を指します。

第2章 ユーザー登録及び退会

第3条 (ユーザー登録)

1. 本サービスのユーザーになろうとする方は、本規約の内容に同意の上、当社が定める手続きにより、真実、正確かつ完全な情報を登録し、ユーザー登録の申請を行い、当社が指定する書類又はデータをWeb上で提出していただきます。

2. ユーザーとして登録をすることができる方は、18歳以上かつ大学生以上の個人事業主で次項に基づき当社がユーザー登録を認めた方(1ユーザー1アカウントに限られます。)とします。当社は、ユーザーに対し、本サービスを利用したレッスン提供業務を委託するものとし、ユーザーはこれを受託するものとします。ユーザーは当社の労務管理に服しません。

3. 当社は、ご提出いただいた書類を基に当社の基準に従って、登録希望者の登録の可否を判断し、当社がユーザーとしての資格を認める場合、当社より通知し、当社所定の手続きをしていただくことで、ユーザー登録が完了します。また、当社の判断により、本人確認その他当社によるチェックを実施する場合があります。

4. 本サービスを利用するユーザーは、1つのアカウントを利用するものとし、複数のアカウントを登録及び保有してはならないものとします。

5. ユーザーは、本条に基づき登録した情報その他のユーザー情報に変更(卒業等も含みます。)が発生した場合、直ちに、当社に対しこれらのユーザー情報の変更手続を行う義務を負います。

6. 一旦ユーザーとして登録された場合であっても、当社は、第5条の定めに従い登録を解除する場合があります。

7. ユーザーは、本サービス上のアカウントを第三者(生徒、他のユーザー、当社の関連会社及び委託先を含みます。以下同じです。)に対して利用、貸与、譲渡、売買又は質入等をすることはできません。

8. ユーザーが未成年者である場合は、必ず、事前に親権者等の法定代理人(契約者が未成年で、他に共同親権者がいる場合は共同親権者の代表者。以下総じて「法定代理人」といいます。)の同意を得た上で本サービスを利用するものとします。法定代理人も、ユーザーとして、未成年者であるユーザーが本サービスで行う一切の行為及び契約について責任を負い、本規約を遵守し、かつ本規約違反が発生しないよう監督するものとします。

第4条 (ユーザーによる退会)

1. ユーザーは、いつでも、当社所定の退会手続により、退会手続完了日(退会申請日までに成立している受講契約がある場合、当該受講契約に係るレッスン終了日)をもって、本契約を解約し、退会することができます。

2. ユーザーは、退会した場合、全ての開示情報等を閲覧することができなくなります。

第5条 (当社によるユーザー登録の解除)

1. 当社は、ユーザーが以下の各号のいずれかに該当した場合、何らの通知等を要することなく、本契約を解除し、退会させることができます。
(1) ユーザー情報に虚偽の情報が含まれている場合
(2) 過去に当社から退会処分を受けていた場合
(3) 未成年が法定代理人の同意なく、本サービスを利用した場合
(4) 成年被後見人、被保佐人又は被補助人が、成年後見人、保佐人又は補助人等の同意なく、本サービスを利用した場合
(5) 当社からの要請に対し誠実に対応しない場合
(6) 法令又は条例等に違反した場合
(7) 本規約又は各種ガイドライン等に違反した場合(ただし、当該違反が軽微で解消可能なものである場合は、相当の期間を置いて催告したにもかかわらず解消されない場合とします。)
(8) 反社会的勢力の構成員又はその関係者である場合
(9) 詐術その他背信行為があった場合
(10) その他ユーザーとして不適当な重大事由が発生した場合

2. 前項各号に掲げる場合のほか、当社は、ユーザーが以下の各号のいずれかに該当した場合、ユーザーに対して相当の期間をおいて催告のうえ、本契約を解除し、退会させることができます。
(1) 本契約又は各種ガイドライン等に違反した場合
(2) 当社又は生徒からの要請に対し誠実に対応しない場合
(3) 生徒からの質問に対し、誠実かつ的確に回答できていない、又は不適切な回答・指導をしている場合
(4) その他ユーザーとしてふさわしくない場合

3. 第1項又は第2項各号に掲げる場合のほか、当社は、ユーザーに対して1か月前までに事前に通知することにより、本契約を解除し、退会させることができます。

第3章 本サービス及びユーザーの権利義務等

第1節 本サービスの内容及びユーザーの権利義務

第6条 (本サービスの内容)

1. 本サービスは、生徒に対してビデオ通話機能及びチャット機能等を利用したレッスンの場を提供するサービスです。

2. 生徒は、当社所定の方法により、本アプリ上で興味をもった先生及びレッスンの日時を選択し、レッスンの申込みをします。ユーザーは、当該レッスンを担当できる場合、当社所定の方法によりユーザーが当該レッスンの担当を承諾します。この場合、当社所定の方法により当社からの当該申込みを承諾する旨の通知が生徒の本アプリ又はメールアドレスに到達した時点で、当該レッスンに係る受講契約が、当社と生徒との間で成立(以下「受講契約成立」といいます。)します。

3. ユーザーは、当社所定の時点からレッスン開始まで、本サービスにおけるチャット機能(以下「チャットルーム」といいます。)を利用して生徒と連絡を取り合い、レッスン内容につき事前に打ち合わせを行うことができます。ユーザーは、生徒に対し、チャットルームにおいて、レッスンその他指導をすることはできません。

4. 各種ガイドライン等、当社が定める「プライバシーポリシー」は、本サイト又は本アプリの当社所定の場所に記載し、随時更新します。ユーザーは、ユーザー登録を申請するにあたり、事前に、これらの内容を十分に理解の上、同意し、かつ、本サービスの利用にあたり、これらの最新の情報を確認するものとします。新たに本サービスに追加及び変更されるサービス、機能、提供条件等については、全て本規約が適用されます。

5. 当社は、事前にユーザーに通知することなく、必要に応じて、本サービスの全部又は一部の内容を変更することがあり、ユーザーはこれを認識し、承諾するものとします。

6. 当社は、本サービスの提供にあたり、学歴等のユーザー情報・開示情報、評価コメント、回答実績数等のユーザーに関する情報、その他当社がプライバシーポリシーに定める情報を、本サービス上で公開(生徒又は他のユーザーへの提供等を含みます。)することができます。ユーザーがこれに同意いただけない場合、本サービスの全部又は一部を利用することができなくなることがあります。

第7条 (レッスンの提供及びレッスンの時間)

1. ユーザーは、ユーザー登録申請時に当社所定の方法により担当コースを選択します。ユーザーは、当社の定めるところに従い、担当コースの内容の範囲で、本サイト又は本アプリ上にユーザーが担当するレッスンに関するページを作成することができます。ユーザーは、担当するレッスンの公開前に、当社が定める評価体系により設定される幅の中から、担当するレッスンのレッスン料を設定することができます。

2. ユーザーは、本規約、各種ガイドライン等その他別途当社が定める本サービスの利用に関する条件を遵守した上で、前項のレッスンページの作成後、第6条第2項に従って、受講契約が成立した場合には、生徒が申込みをしたレッスンページの内容に従い、生徒に対し、善良なる管理者の注意をもってレッスンを提供する義務を負うものとします。本アプリ又は本サイトの機能差がある場合があり、ユーザーは事前にそれを確認するものとします。

3. レッスンの時間は、レッスンページ所定の時間枠によるものとし、当該時間枠の延長その他変更をすることはできません。ユーザーはレッスンの開始予定時間を遵守するものとします。

第8条 (受講契約の解約等)

1. 生徒は、本アプリから、当社所定の期限(以下「キャンセル期限」といいます。)までに、当社所定の方法により、受講契約を解約することができます。

2. 受講契約成立後、生徒及びユーザーはレッスンの日時を変更することができません。なお、受講契約成立後にレッスン日時の変更を希望する生徒は、キャンセル期限までに前項に基づき当該受講契約を解約し、新たに受講契約を申し込むことになります。

3. ユーザーは、やむを得ずレッスン日時を変更せざるを得なくなった場合、当該レッスンに係る受講契約の相手方の生徒に対し、チャットルームを通じて、第1項による解約手続を依頼するものとします。

4. レッスン当日に、生徒が当該レッスンのルームに入室してから当初所定の時間以内にユーザーが入室しなかった場合、ユーザー都合により受講契約は解約されます。ユーザー都合により解約された受講契約のレッスンは本報酬(第9条で定義します。)の計算対象にならず、かつ、当社に損害が生じた場合、当社は、第21条1項に基づき、ユーザーに対し、損害賠償請求をすることができます。ユーザー都合による受講契約の解約件数・解約率は、生徒又は他のユーザーに公開されるものとし、当社所定の方法によりユーザーの評価体系に反映されます。

5. 当社は、本条に記載する場合であっても、代替のレッスン、他の先生によるレッスンが生徒に提供されることを保証しません。

6. その他の受講契約の解約等に関する事項は、別途当社が各種ガイドライン等で定める「キャンセルポリシー」によるものとします。ユーザーは、事前に当該キャンセルポリシーを十分理解した上で、本サービスを利用するものとします。

第9条 (当社からユーザーに対する報酬の支払い)

1. 当社は、ユーザーに対し、本条の定めに基づき、受講契約に基づき提供が完了したレッスンに係るレッスン料(以下「本報酬」といいます。)から銀行振込手数料を差し引いた金額を支払うものとします。銀行振込手数料はユーザーの負担とします。

2. ユーザーが本サービス上で本規約に従って生徒に対して提供を完了したレッスン(ただし、当社所定の期限までに当社により本規約違反として取り消されたレッスンを除きます。)が本報酬の計算対象となります。

3. 当社は、毎月末日を締日として、当月分の本報酬を翌月2日に集計します。当社は、当月末日時点における本報酬の残高が3千円(税込。以下本項及び次項において同じです。)以上となる場合、当該本報酬の残高を、翌月末日までに、ユーザーが事前に登録した金融機関口座(日本国内の金融機関口座とします。)に対し、振込により、銀行振込手数料を差し引いた上で、支払うものとします。本報酬の1か月間の合計金額が3千円に満たない場合、ユーザーへの支払いは本報酬の残高の合計金額が3千円に達するまで翌月以降に繰り越され、以後同様とします。なお、本条に基づくユーザーに対する本報酬の支払いに利息は生じないものとします。

4. 前項の計算期間において本サービス以外のサービスに係る契約に基づき当社がユーザーに支払うべき報酬(以下本項において「当該報酬」といいます。)が発生している場合、前項の本報酬の残高又は本報酬の1か月間の合計金額が3千円以上となるかどうかを判断するにあたり、当該報酬を合算して判断します。

5. 当社所定の方法により、生徒又はユーザー等から受講契約の内容につき債務不履行解除等の異議の申し出があった場合、当社は、生徒への返金その他必要な措置(正当性の調査の完了までに必要な期間の本報酬の支払いの保留を含みます。)をとることができるものとします。

6. 当社は、必要に応じて、当社が定める評価体系により設定される幅を含む本報酬を変更することができるものとします。この場合、当社は、1か月間以上の予告期間(ただし、当社は、ユーザーの一般の利益に適合する場合、予告期間を1か月未満の相当期間に短縮することがあります。)をおいて、本サイト又は本アプリ内における告知その他当社が適当と判断する方法により、ユーザーに対して事前に通知するものとし、変更後ユーザーが引き続き本サービスを利用した場合、法が許容する最大限の範囲で、ユーザーは当該変更後の価格に同意したものとみなします。

第10条 (本サービスの提供条件)

1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合、ユーザーに事前の通知をすることなく、本サービスを停止又は変更することがあります。
(1) コンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
(2) コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
(3) 火災、停電、天災地変等の不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
(4) 法令、規則の制定、改廃又はこれらに基づく命令、処分、アプリストアの規約の変更等により本サービスの運営が不能となった場合
(5) 電気通信事業者の役務が提供されない場合
(6) アクセス過多、その他の予期せぬ要因で本サービスのシステムに負荷が集中した場合
(7) 本サービスの運営に支障が生じる場合、その他ユーザーのセキュリティを確保する必要が生じた場合
(8) その他技術上又は運営上本サービスの停止又は中断が必要となる場合

2. 当社は、ユーザーと生徒との間で送受信される情報(レッスン内容その他の開示情報等の情報を含みます。)その他開示情報を閲覧、保存及び録画等をし、本規約に定める禁止事項に抵触する情報等がないかを監視、確認することができます。ただし、当社は、このような監視等を行う義務を負いません。当社がこれらの情報を一定期間保存する場合であっても、別段の定めがない限り、当社は、ユーザーに対し、これらの情報の保存等をする義務を負わず、これらの情報を削除することができます。

3. 当社は、本サービス上で当社又は第三者の広告を掲載することができます。

第2節 その他ユーザーの義務及び責任等

第11条 (開示情報に関する表明保証及び義務等)

1. ユーザーは、開示情報について、自らがコンテンツを送信・開示・登録すること(以下、本条において、総称して「開示」といいます。)についての適法な権利を有していること、開示情報が、第三者の肖像権、プライバシー権、知的財産権、所有権その他の一切の権利を侵害していないこと、及び本規約その他別途当社が定める条件に違反していないこと(当社が当該開示情報を無償にて利用(複製、複写、改変、公衆送信、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することが可能となるようにすることを含みます。)について、当社に対し表明し、保証するものとします。

2. ユーザーは、本規約に定める第三者の権利の侵害リスク及び本規約違反のリスクを負わない範囲に限り、開示情報を開示することが可能です。

3. 本サービスにおいて、前項に基づきユーザーが開示した開示情報に関する知的財産権は、当該開示を行ったユーザー又はユーザーに対して本条に基づく開示を許諾した権利者自身に留保されるものとします。ただし、ユーザーは、当社に対し、著作物性の有無を問わず、発生しうる著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含みます。以下同じです。)、肖像権その他の権利について、目的を問わず、当該開示情報を無償、永続的かつ無制限にて利用(複製、複写、改変、公衆送信、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)する権利(前条2項に基づいて利用すること、同項に定める情報が個人情報に該当しない場合であっても当該情報を当社が定めるプライバシーポリシーに規定する利用目的のために確認するなどし、利用することを含みます。)を許諾し、その他当社が当該開示情報を無償にて利用するための必要な措置を講じます。ユーザーは、当社並びに当社より正当に権利を取得した第三者及び当該第三者から権利を承継した者に対し、著作者人格権(公表権、氏名表示権及び同一性保持権を含みます。)を行使しないことに同意します。

4. 本サービスは以下の各号に掲げる開示情報の開示のほか、本規約その他当社の定める条件に違反する開示情報の開示を禁止しています。ただし、ユーザーは、自ら、自己の判断及び責任において(未成年者の場合は法定代理人も含みます。)、本規約の範囲内で、本サービス上のニックネーム欄、アイコン画像において、自らの本名及び自らの肖像(住所、電話番号、メールアドレス等の連絡先を推知することができるものを除きます。以下、本項において同じです。)を公開すること、本サービスのレッスンにおけるビデオ通話機能を通じ生徒に対し自らの肖像を開示することができるものとします。
(1) 第三者の著作物(編集著作物を含みます。)に該当するもの(たとえば、現代文の問題文・長文・小論文の素材や参考資料・写真等が含まれますが、これらに限られません。)
(2) ユーザーのものであるか第三者のものであるかを問わず、個人情報(個人情報の保護に関する法律の「個人情報」をいいます。)その他個人又は居所を推知することができる又はプライバシーに関わる一切の情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレス、顔写真、自宅付近の風景写真など)
(3) その他、第三者の知的財産権、肖像権その他の権利を侵害している、又は侵害するおそれのあるもの

第12条 (費用負担、ユーザー情報、開示情報及び通信機器に関する管理)

1. ユーザーは、本サービスを利用するために必要な機器及び通信手段等の環境を全て自らの費用と責任で備えます。また、本サービスの利用にあたり必要となる通信費用その他のユーザーが当社から委託されるレッスンを遂行するために要する費用は、全てユーザーの負担とします。

2. ユーザーは、ユーザー情報、開示情報及び通信機器の管理責任を負います。ユーザー情報、開示情報及び通信機器の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任はユーザーが負い、当社は当社に故意又は過失のない限り一切の責任を負いません。

3. ユーザーは、ユーザー情報、開示情報又は通信機器を第三者に使用されるおそれのある場合は、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社の指示がある場合はこれに従います。

第13条 (知的財産権等)

1. ユーザーは、方法又は形態の如何を問わず、本サービスにおいて提供される全てのコンテンツ(ユーザーと生徒間のメッセージのやり取り、レッスンにおける指導内容等の生徒にとっての開示情報、他のユーザーにとっての開示情報等の情報を含みます。)について、知的財産権の存否にかかわらず、以下の行為を行うことはできません。
(1) 当社を含む当該コンテンツに関する全ての権利者(肖像権者を含みます。)の許諾を得ない複製・翻案・改変(録画、キャプチャー等を含みます。)
(2) 配布、転載、転送、公衆送信その他の利用
(3) 当該レッスンの履行目的以外の目的での利用

2. 当社コンテンツに関する知的財産権は、当社又は当社がライセンスを受けているライセンサーに帰属し、ユーザーには帰属しません。

3. ユーザーが第11条又は本条の規定に違反して問題が発生した場合、ユーザーは、自己の費用と責任において当該問題を解決するとともに、当社に何らの不利益、負担又は損害を与えないよう適切な措置を講じなければなりません。

第14条 (禁止事項)

1. 当社は、ユーザーによる本サービスの利用に際して、以下の各号に定める行為を禁止します。
(1) 本規約、各種ガイドライン等、その他別途当社が定める本サービスの利用に関する条件に違反する行為
(2) 当社、生徒、他のユーザーその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉、その他の権利若しくは利益を侵害する行為又はそのおそれのある行為
(3) 本サービスにおける質疑応答の内容、レッスン内容、生徒にとっての開示情報、他のユーザーにとっての開示情報を第三者に送信、開示、提供したり、ソーシャル・ネットワーキング・サービスに開示したりする行為
(4) 生徒若しくは他のユーザーと電話番号・メールアドレス・各種SNSアカウント・住所などの連絡先を交換する行為、ユーザーの個人情報(ただし、第11条4項ただし書きの場合の情報を除きます。)を生徒若しくは他のユーザーに開示、提供する行為又はそれらのおそれのある行為
(5) 生徒又は他のユーザーの情報の収集、開示、提供を目的とする行為
(6) 歩行中、車両運転中、危険な場所その他本サービスの利用が不適切な場所又は状態において本サービスを利用する行為
(7) 当社又は第三者に不利益若しくは損害を与える行為又はそのおそれのある行為
(8) アカウントの共有、法定代理人を除く複数人に対するレッスンの実施、その他自己のアカウントを、法定代理人を除く第三者に利用させる行為(利用させたことに重過失がある場合、利用されていることを知りながら放置している場合も含みます。)
(9) 不当に第三者の名誉や権利、信用を傷つける行為又はそのおそれのある行為
(10) 営業、宣伝、勧誘、広告、その他営利を目的とする行為(本サービスに関連した営業活動、勧誘行為、宣伝行為、広告等を含みます。)
(11) 生徒若しくは第三者のカンニング行為、宿題・レポート等の作成代行等の不正行為に利用されることを知りながら、又は知り得たにもかかわらず、それらに加担する行為、その他宿題・レポート等の成果物を提供する行為
(12) 法令又は条例等に違反する行為
(13) 公序良俗に反する行為若しくはそのおそれのある行為又は公序良俗に反するおそれのある情報を他のユーザー、生徒その他の第三者に提供する行為
(14) 違法行為・犯罪行為、これらに結びつく行為若しくはこれらを助長する行為又はそれらのおそれのある行為
(15) 事実に反する情報又は事実に反するおそれのある情報を提供する行為
(16) 当社のシステムへの不正アクセス、それに伴うプログラムコードの改ざん、位置情報の改ざん、故意に虚偽、通信機器の仕様その他アプリケーションを利用してのチート行為、コンピューターウィルスの頒布、マクロ及び操作を自動化する機能やツール等を使用する行為、当社に根拠のない通報若しくは申出をする行為、同様の質問、通報若しくは申出を必要以上に繰り返す行為、通常想定される利用方法によらずに、評価、回答実績数若しくは人気順位等を操作しようとする行為、その他本サービスの正常な運営を妨げる行為(生徒又は他のユーザーによる本サービスの利用を妨げる行為を含みます。)又はそれらのおそれのある行為
(17) 本サービスの信用を損なう行為又はそのおそれのある行為
(18) 青少年の心身及びその健全な育成に悪影響を及ぼすおそれのある行為
(19) 面識のない者(他のユーザーや生徒を含みます。)との交際等を目的とする行為、その他本サービスが予定していない行為又はそれらのおそれのある行為
(20) 生徒若しくは他のユーザーのアカウントの使用その他の方法により、第三者になりすまして本サービスを利用する行為、又は生徒、他のユーザー、第三者であるとの誤解を与えるおそれのある行為
(21) 宗教、政治結社等の勧誘をする行為
(22) 誹謗中傷、攻撃的なやり取り、いやがらせ、ハラスメント行為、残虐的な情報、性的な情報等の提供、その他生徒又は他のユーザーに不快感を与えるおそれのある行為
(23) 犯罪収益に関する行為、テロ資金供与に関する行為、反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為
(24) 生徒若しくは他のユーザーに対して外部サービスへ誘導する行為(URL等の記載を含みます。)又は外部サービスへの誘導に応じる行為
(25) 生徒若しくは他のユーザー等を利用して、又は、自ら、本報酬の額その他の経済的利益(生徒又は他のユーザーの経済的利益を含みます。以下、同じです。)を操作しようとする行為、本サービスが通常想定しない本報酬の額その他の経済的利益を得る若しくは得させることを目的とする行為、その他レッスンが行われていないにもかかわらずレッスンが行われているかのように装う行為
(26) 生徒からの質問に対し、誠実かつ的確に回答しない行為、不適切な回答・指導をする行為(ユーザーによる生徒の質問の趣旨に沿わない解法による回答等、心理カウンセリングなどの本サービスの対象外となる回答・指導等、ユーザーの担当コース以外の内容の回答・指導等を含みます。)その他当社又は生徒からの要請に対し誠実に対応しない行為
(27) 生徒から開示された生徒にとっての開示情報等の一部又は全部を他の生徒に流用する行為、レッスンを履行する目的以外の目的のために秘密情報(第16条で定義します。)を利用する行為
(28) 本サービスを介さずに直接生徒から業務の受託(生徒の勧誘、引き抜き等を含みます。)、その他直接取引をする又はしようとする行為
(29) レッスンを録音又は録画する行為
(30) 受講契約もしくは本契約の解約を妨げる行為、生徒に自らを先生として選択し続けることなどを強要する行為又はそれらのおそれのある行為
(31) 前各号の行為を援助、助長、又は容易にする行為
(32) その他ユーザーとして不適当な行為

2. 当社は、ユーザーの行為が、第1項各号のいずれかに該当する場合、事前に通知することなく、以下の各号のいずれか又は全ての措置を講じることができます。
(1) 開示情報その他の情報の全部又は一部の削除
(2) 本サービスの全部又は一部の利用停止又は利用制限
(3) 本契約の解除による退会処分
(4) その他当社が必要と合理的に判断する行為

第15条 (ユーザーの注意事項)

1. ユーザーは、レッスンのページの作成及びレッスンの提供等にあたり、本規約及び当社が別途定める各種ガイドライン等を遵守しなければならないものとします。本契約の有効期間中であっても、レッスンのページが本規約又は各種ガイドライン等に違反している場合、当社は、当該レッスンページを削除することができるものとします。当社は、当該削除によりユーザーに発生した損害について責任を負わないものとします。

2. ユーザーは、自らレッスンを提供しなければならず、第三者に再委託してはならないものとします。

3. ユーザーは、ユーザー又は生徒の本規約違反の有無等に関して、当社からの求めがある場合、当社が求める時期、内容及び様式により報告しなければならないものとします。

4. レッスンページ掲載の順序を含む本サイト及び本アプリのレイアウトは、当社の裁量によって決定するものとします。

5. ユーザーは、公租公課の支払手続、確定申告その他必要な税務上の対応に関して自らの責任と費用負担にて行うものとします。

第16条 (秘密保持)

1. ユーザーは、本サービスの提供に関して知り得た当社の秘密情報(本サービスに関するノウハウ、各種ガイドライン等を含む当社のシステムに関する情報、技術上又は営業上の一切の秘密情報を含みます。)、生徒にとっての開示情報、他のユーザーにとっての開示情報(以下総称して「秘密情報」といいます。)を、厳重かつ適正に管理するものとし、当社の事前の書面による同意なく第三者に開示、提供又は漏洩してはならないものとします。

2. 以下の各号の情報(生徒にとっての開示情報及び他のユーザーにとっての開示情報は除きます。)は、秘密情報に該当しないものとします。
(1) 開示を受けた時、既に公知であった情報又はその後自己の責に帰さない事由により公知となった情報
(2) 開示を受けた後に、当社に対して秘密保持義務を負わない正当な権限を有する第三者から、ユーザーが秘密保持義務を負うことなく合法的に取得した情報
(3) 開示された秘密情報によらず独自に開発し又は創作した情報

3. ユーザーは、当社の指示があった場合又は本契約が終了した場合は、当社の指示に従い速やかに秘密情報を、原状に回復した上で返却又は廃棄し、以後使用しないものとします。

第17条 (地位の譲渡等)

1. ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、本規約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務の全部又は一部につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。

2. 当社は、本サービスに係る事業を第三者に譲渡した場合、当該事業譲渡に伴い本規約上の地位、本規約に基づく権利及び義務、ユーザー情報並びに開示情報その他ユーザーに関する情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができ、ユーザーはかかる譲渡につき予め同意するものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含みます。

第18条 (反社会的勢力の排除)

1. ユーザーは、当社に対し、反社会的勢力でないことを表明及び保証し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。

2. 当社は、ユーザーが前項に違反した場合、何らの通知催告を要せず、第5条に基づき、直ちに本契約を解除することができるものとし、これによって生じた損害をユーザーに請求できるものとします。当該ユーザーは、当該解除により損害等を被った場合であっても、当社に対して当該損害等の賠償を請求することはできず、ユーザーはこれを了承します。

第19条 (違反行為等の発見)

1. ユーザーは、本規約に違反する行為を発見した場合又は受講契約の違反等が発生した場合は、直ちに当社に連絡するものとします。

2. ユーザーは、本規約等に違反する行為等への当社の対処について、異議を申し立てることはできません。

3. 当社は、本サービスの円滑な運営のために必要であると当社が判断した場合には、ユーザーと生徒間のトラブルの解決に向けて適切な措置を取るものとします。

第3節 免責、損害賠償その他

第20条 (非保証・免責)

1. 本サービスの内容について、ユーザーの特定の目的への適合性、完全性、正確性、即時性及び有効性等、不具合(セキュリティ等に関する欠陥、バグ、エラー等を含みます。)がないこと、並びに第三者の権利を侵害しないことについて、当社は一切の保証をしません。また、当社は、本サービスに中断、中止その他の障害が生じないこと及び本サービスが廃止されることがないことを保証しません。

2. 当社は、本サービスがすべての通信機器に対応していることを保証するものではありません。本サービスの利用に供する通信機器のOSのバージョンアップ等に伴い本サービスの動作に不具合が生じる可能性があり、当社は、かかる不具合が生じた場合に当社が行うプログラムの修正等により当該不具合が解消されることを保証しません。

3. アプリストアに関する利用規約及び運用方針、決済代行業者の決済に関する規約その他の条件の変更等に伴い、本サービスの全部又は一部の利用が制限される可能性があることをユーザーは了承します。

4. ユーザーがユーザー情報の変更を行わなかったことにより損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。

5. ユーザーは、法令の範囲内で本サービスをご利用ください。ユーザーは、本サービスを利用することがユーザーに適用のある法令等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、当社は、ユーザーによる本サービスの利用が、ユーザーに適用のある法令等に適合することを保証するものではありません。

6. 当社は、ユーザーが満足な利用ができること(生徒から先生として選択されることを含みます。)を保証するものでもありません。

7. 予期しない不正アクセス等の行為によってユーザー情報を盗取された場合でも、それによって生じるユーザーの損害等に対して、当社は一切の責任を負いません。

8. 当社は、天災、地変、火災、ストライキ、通商停止、戦争、内乱、感染症の流行その他の不可抗力により本契約の全部又は一部に不履行が発生した場合、一切の責任を負いません。

第21条 (損害賠償責任)

1. ユーザーは、本規約の違反又は本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合(当該行為が原因で、当社が第三者から損害賠償請求その他の請求を受けた場合を含みます。)、当社に発生した全ての損害(逸失利益及び弁護士費用を含みます。)を賠償しなければなりません。

2. 当社は、当社の帰責事由によりユーザーに損害を与えた場合、以下の各号に定める範囲でのみその損害を賠償する責任を負います。
(1) 当社の故意又は重過失による場合:当該損害の全額
(2) 当社の軽過失による場合:現実かつ直接に発生した通常の損害(特別損害、逸失利益、間接損害及び弁護士費用を除く。)の範囲内とし、かつ1万円を上限とする。

第22条 (本サービスの廃止)

1. 当社は、当社が本サービスの提供を廃止すべきと合理的に判断した場合、本サービスの提供を廃止することができます。

2. 前項の場合、当社に故意又は重過失がある場合を除き、当社は一切の責任を負いません。

第23条 (個人情報等の取り扱い)

本サービスにおける個人情報等の取り扱いに関しては、当社が定める「プライバシーポリシー」に基づき取り扱います。

第24条 (分離可能性)

1. 本規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約の他の規定は有効とします。

2. 本規約の規定の一部があるユーザーとの関係で無効又は取消となった場合でも、本規約は他のユーザーとの関係では有効とします。

第25条 (連絡方法)

1. 本サービスに関する当社からユーザーへの連絡(本規約の変更又は追加に関する通知を含みますが、これらに限られません。)は、本サービス上(本アプリを含みます。)その他本サイト内の適宜の場所への掲示、電子メールの送信、又はプッシュ通知その他当社が適当と判断する方法により行うものとします。

2. 当社が、プッシュ通知、ショートメッセージ、電子メールの送信その他の方法による通知を行った場合、当社からの通知は、本サービス上のユーザーのアカウント、ユーザーが登録したメールアドレス、電話番号その他の連絡先に送信することをもって、当該メールが通常到達すべきときに到達したものとみなします。

3. 本サービスに関するお問い合わせその他ユーザーから当社に対する連絡又は通知は、本サイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームへの送信その他当社が指定する方法により行うものとします。

4. 当社は、本サービスに関するユーザーからのお問い合わせに対して回答するよう努めます。ただし、当社は法令又は本規約上、当社に義務又は責任が発生する場合を除き、回答の義務を負いません。当社は、ユーザーからのお問い合わせに回答するか否かの基準を開示する義務を負いません。

第26条 (本契約の有効期間)

本契約の有効期間は、本契約成立時からユーザーが退会するまでの間とします。なお、第4条2項、第8条5項、第9条1項から4項まで(本報酬の未払いがある場合。)、第9条5項、第10条2項、第11条1項及び3項、第12条2項、第13条、第15条1項第3文、同条5項、第16条、第17条、第18条2項、第19条2項、第20条から第24条まで、第25条4項第1文但し書き、同項第2文、本条、第28条並びに第29条の規定は、本契約の終了後も有効に存続するものとします。

第27条 (本規約の変更)

1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合は、民法第548条の4の規定に基づき本規約を随時変更できます。本規約が変更された後の本契約は、変更後の本規約が適用されます。
(1) 本規約の変更が、ユーザーの一般の利益に適合するとき
(2) 本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性及びその内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき

2. 当社は、本規約の変更を行う場合は、変更後の本規約の効力発生時期を定め、効力発生時期の2週間前までに、変更後の本規約の内容及び効力発生時期をユーザーに通知、本サービス上への表示その他当社所定の方法によりユーザーに周知します。

3. 前項の本規約の変更の周知後にユーザーが本サービスを利用した場合又は当社所定の期間内にユーザーが退会の手続をとらなかった場合、当該ユーザーは本規約の変更に同意したものとします。

第28条 (準拠法)

本規約に関する準拠法は、全て日本国の法令が適用されます。

第29条 (合意管轄)

ユーザーと当社との間における一切の訴訟は、横浜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

2022年4月 3日  制定・施行
2022年4月21日 改定